手袋の特徴

新型コロナウイルス感染拡大に伴い、品不足・価格高騰が深刻なのが、使い捨て手袋です。その背景には、コロナ以前も使用していた企業における、必要数量の増加や以前までは使用する機会のなかった用途・業種におけるニーズの拡大があります。こういった厳しい状況ですが弊社ではおかげさまでおすすめの使い捨て手袋をご提供することが可能です。弊社で取り扱っている手袋の特徴についてご紹介いたします。ぜひ、使い捨て手袋選びの参考にしていただければ幸いです。

品薄状態が続く、万能型ニトリル手袋

新型コロナウイルスの影響で品薄状態、価格暴騰が続くニトリル手袋。強度、耐久性、防水性を備え、伸縮性にとても優れており、滑りにくく破れにくいのが特徴です。なめらかで扱いやすく、指先までしっかりフィットしてストレッチする質の高い手袋で、検診・検査用、食品加工用、工業用、接客対応用、介護用など幅広い分野で活躍している万能タイプの使い捨て手袋です。

ニトリルグローブ、GATAMOGATAMO

需要拡大中! TPE手袋とは?

TPE(Thermoplastic Elastomers)とは熱可塑性エラストマーのことです。 PVC手袋[*1]・ポリエチレン手袋[*2]と比較すると、 PVC手袋ほどのフィット感はありませんが、ポリエチレン手袋より伸縮性があり、細かい作業にも向いています。コストパフォーマンスが高く、幅広い用途で使えるため、現在、特に在庫の不足しているニトリル手袋・ PVC手袋の代替え品としての需要が高まっています。

*1…生地が薄めのものが多く、細かい作業に向いていますが、食品衛生法に適しているものは少ないです。特に美容系で多く使われています。

*2…食品衛生法に適しているものが多く、また、着脱がしやすいため、スーパーマーケットで多く利用されています。フィット感や強度は弱く、細かい作業には向いていません。